昨年までは主にキャップを被っていたのだが、そろそろ飽きてきたので、今年の夏はどうやって坊主アタマを日差しから守ろうかと考えていた。そんな時、ZOZOで良さ気なハットを見つけてしまったワケで、ほぼほぼ衝動買いに近い感じでポチってしまった。俗にいうバケットハットという型である。そのハットが昨夜届き、早速開封して被ってみたところ、ジャストとはいかないものの、なんとか被れなくも無い程度のサイズ感で安堵した。なにせ僕は頭囲62cmのハチ張りアタマだから、そもそも被れる帽子自体が少ない。だから、これはイケそうだと思える帽子を見つけたら、「無くなる前に迷わず買わないといけない」という強迫観念に駆られてしまう。剰え顔デカでブサメンの僕は、ハット型の帽子は似合わないという事が、昨年同じくZOZOで買ったハットで思い知ったはずなのに、醜形コンプレックスから逃れたい一心で、性懲りもなく前轍を踏んでしまうのか。

社会で性交成功体験を積まないから、いつまで経ってもこんな風に精神年齢が幼いままだ。終わってる。ちなみに昨年買ったハットは一度も外で被る事無く、タンスの肥やしと化してしまった。今回買ったハットはヘビロテとはいかないまでも、日差しの強い時は積極的に被る事にしよう。それにしても、ネットを見ていると物欲が絶えず刺激され続けてしまうから、程々にしないと身がもたないな。買い物依存症を患ったのが20年くらい前だが、あの頃とメンタリティがほとんど変わってない。